top of page

【初心者必読】精油のいろは④ カラダにいいの?

更新日:2021年8月9日

みなさまこんにちは、カモミラナチュレ セラピストの静佳です。

これからアロマをはじめたいという方向けの記事を過去3つ投稿してきました。フィルター機能を使ってぜひシリーズ通して読んでみて下さいね。(アロマ初心者の方へ)

本日は4つ目『アロマがどうカラダにアプローチするのか』です!これはアロマ初心者様に限らず、全ての方にお読みいただきたい!!ただ単にいい香りがするだけじゃないんですよ、アロマセラピーは。アロマセラピーの魅力、特に全身トリートメントの価値が理解してもらえる内容にしていますので、アロマトリートメント気になっている方はぜひ読んで下さい。

まずカラダがどのように香りを感知し、結果どうカラダが変化するかについてです。


香り(以下、芳香分子)は鼻へ入ります。鼻の奥にある“嗅上皮”という粘膜を通ります。その先にある嗅細胞の先端、“嗅毛”という器官に受容(受け入れられる)されます。すると“ぴぴぴっ”と電気信号が大脳辺縁系に届き、香りの情報(いい香りだな、嫌な匂いだ等)が視床下部や下垂体に届きます。その結果、視床下部や下垂体がコントロールしているホルモンの分泌や自律神経の働きに作用します。