【初心者必読】精油のいろは①呼び方

更新日:2021年8月9日


自宅で気軽にはじめられるのが魅力のアロマセラピー。好きな香りの精油瓶さえ手元に置いておけば、いつでも楽しめます。数滴ティッシュにぽとり、ふんわりと香り立ちます。


『さあ、アロマを始めよう!』と精油を探すとまず悩んでしまうのが、どれを買えばいいかということ。お店やネットをみれば、《精油》《エッセンシャルオイル》《ブレンドオイル》《フレグランスオイル》《アロマオイル》…。いろいろな表記の瓶がずらっと。高いものもあればお手頃のものまで、様々な種類が並んでいます。

「香りがあればどれも一緒でしょ。」と思わないで、少しの基礎知識をもってお気に入りの精油を選んでくださいね。「天然の香りだと思っていたのに合成香料だった!」なんてことにならない様に。

《精油》は《エッセンシャルオイル》とも呼ばれます。100%天然の植物から採取されたものを言います。アロマセラピーで使う香りは、全てこの精油を使います。


《ブレンドオイル》は明確な定義はありませんが、複数の香りを組み合わせた(ブレンドした)ものを指すことが多いよう。精油だけを使ったブレンドオイルもあれば、一部に精油が使われているだけのものもあるので、パッケージの確認をしてみてください。


《フレグランスオイル》は合成香料が使われている、いわゆる芳香剤のこと。《アロマオイル》は精油、エッセンシャルオイルを総じてアロマオイルを指します。

アロマセラピーの醍醐味は“自然の香り”を取り入れることです。ここで是非覚えていていただきたいのは、《精油》《エッセンシャルオイル》の表記のあるものを使って下さいということ。見極めポイントは、次回以降ご紹介しますのでご参考にしてください。




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示