【初心者必読】精油のいろは③ 精油の禁止事項

更新日:2021年8月9日

アロマのある暮らし初心者必読!ということで、1回目は精油またはエッセンシャルオイルの表記がある精油を使うこと、2回目は学名見て買うこと。について書いてきました。

第3回の今日は、精油を利用する際の注意事項についてです。

① 精油を直接お肌に塗布しない。

② 点眼や飲用をしない。

③ 引火の恐れがあるので火気に注意する。

④ 高温多湿、直射日光を避ける。

⑤ 子供やペットの手の届かない場所で保管する。

⑥ 使用後は必ずキャップを閉める。

⑦ 劣化した精油は使わない。

⑧ 高齢者、乳幼児、妊産婦、てんかんや心臓、高血圧、腎臓、糖尿病、免疫系の病気を持つ方はかかりつけ医やセラピストに確認をしましょう。

⑨ペットがいるご家庭での芳香浴は、獣医師に確認しましょう。


精油が自然のものとはいえ、間違った使い方をすると期待する効果が得られず、場合によっては健康を損なうことがあります。


世界には精油はお薬と同等とみなし医師が処方したり、薬剤師が管理している国もあります。それくらい精油はパワフルだということです。


正しい知識を身につけて、楽しいアロマライフを送りましょう!



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示