オリーブ油

更新日:2021年9月15日


オリーブオイルはアロマトリートメントでも使われるキャリアオイルです。


一般的には、食用として手に取ることの方が圧倒的に多いのですが、オリーブオイルにいくつも種類があるのはご存知でしょうか。


今日はアロマの植物油からはちょっと離れたオリーブオイルのお話です。



オリーブオイルはIOOCという国際オリーブオイル協会が定める基準によって分類されています。大きく、バージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、オリーブオイルの3種類に分けられます。


さらに、バージンオリーブオイルは4種類に、精製オリーブオイルは2種類、オリーブオイルも2種類に細分されます。


《バージンオリーブオイル》:果実を絞ったもの。化学的処理を行わずに抽出されたオイルを言います。成分分析と官能検査により、高品質順に分けたものが以下。


✔︎エクストラヴァージンオリーブオイル:欠点のない味と香り。酸度は100g中8gを超えない、0.8%以下とされ、世界中のオリーブオイルのうちの10%

✔︎ファインヴァージンオリーブオイル:若干の欠点がある

✔︎オーディナリーヴァージンオリーブオイル:複数の欠点がある

✔︎ランパンテヴァージンオリーブオイル:食用に不向き(精製の必要あり)



《精製オリーブオイル》:ランパンテヴァージンオリーブオイルを精製したもの。


✔︎リファインドオリーブオイル:ランパンテを精製したもの。化学的に脱色や脱臭し酸度を0.3%以下にしたもの。

✔︎リファインドポマースオリーブオイル:溶剤を使ってオイルを抽出したもの。搾りかすに残っている油分を溶剤を使って抽出したもの。二番煎じのオイル。工業用。



《オリーブオイル》:精製オイルにヴァージンオリーブオイルをブレンドしたもの。


✔︎オリーブオイル:リファインドオリーブオイルとヴァージンオイルのブレンド。ピュアオリーブオイルはこちら。

✔︎オリーブポマースオイル:ポマースオイルとヴァージンオイルをブレンドしたもの。販売時は「オリーブポマースオイル」との表示義務があります。


こんなに種類があったなんて、私も驚きました。普段何気なく手に取っているものでも、知らないことの方が多い!


ちなみに多くの化粧品メーカーで扱われているのは、精製オイル(無香料・無着色)が多い中、アロマ業界では未精製のオリーブオイルを扱うメーカーもあります。使い勝手に合わせて選んでください。


参考サイト:http://www.montfrin.jp/olive/oliveoil_grade.html



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示