精油プロフィール 〜ゼラニウム〜

AEAJアロマテラピー検定1級2級範囲


原料植物名:ローズゼラニウム

科名:フウロソウ科

学名:Pelargonium graveolens

産地:エジプト・フランス・モロッコ・レユニオン島

抽出部位:葉

抽出法:蒸留法

特徴成分:ローズオキサイド



《植物のストーリー》

南アフリカからヨーロッパに持ち込まれフランスで栽培が始まる。その後フランス領であるレユニオン島へ渡る。ゼラニウムのうちでも香りの良いものをニオイゼラニムと呼び、多くの品種があるが、精油が得られるものはその一部。ヨーロッパの窓辺に植えられることが多いが、園芸用の品種と区別されています。

属名のPelargoniumはギリシャ語のpelargos(コウノトリ)からきているそう。種小名のgraveolensは重い香りという意味がある。


《香りの特徴》

ローズオキサイドという成分がローズ調のグリーン感があるフローラルの香りを作っています。その他の香りの構成成分は、ローズ精油に似ており、ローズの香りの化粧品にはゼラニウムがよく使われている。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示