精油プロフィール 〜フランキンセンス〜

AEAJアロマテラピー検定1級2級範囲


原料植物名:ニュウコウジュ

別名:ニュウコウノキ

科名:カンラン科

学名:Boswellia sacra

産地:エチオピア・ケニア・ソマリア

抽出部位:樹脂

抽出法:蒸留法







《植物のストーリー》

フランキンセンスから取れる精油は、別名「乳香」「オリバナム」とも言う。木は暑く乾燥した地域に育つ。幹の表面を傷つけて出てくる乳白色の樹脂は、空気に触れると固まる。新約聖書でイエス・キリスト誕生の際に贈られるのはフランキンセンス。古代エジプトでは神殿で祈りを捧げるときに、薫香として用いられた。

《香りの特徴》

樹脂そのものは香りが弱いが、香として焚くと独特な香りを放つ。


《利用法》

フェイシャルケア:フローラルウォーターを化粧水として利用。トリートメントオイルで保湿ケア。エイジング肌・収れん作用・抗炎症作用

スチームケア:呼吸器系の不調時に、熱いお湯に精油を垂らし蒸気を吸引。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示