精油プロフィール 〜ベルガモット〜

AEAJアロマテラピー検定1級範囲

原料植物名:ベルガモット

科名:ミカン科

学名:Citrus bergamia

産地:イタリア

抽出部位:果皮

抽出法:圧搾法

特徴成分:ベルガプテン、ベルガモテン


《植物のストーリー》

イタリア南部が主な産地。民間療法として利用されきた。16世紀には植物誌に消毒薬や解熱剤として紹介された。


《香りの特徴》

爽やかで上品な柑橘の香り。ややグリーン感がある。香水の原点であるケルンの水の原材料だったそう。光毒性があるベルガプテンが含まれており、肌につける際には注意が必要。胃腸の不調時には、カモミールやフェンネルとブレンドが良い。感情の落ち込み時に使いたい精油。ネガティブから解放されます。


《利用法》

芳香浴:落ち込んだ時

ボディケア:胃腸の不調時に希釈オイルを胃付近に塗布

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示