精油プロフィール 〜レモン〜

AEAJアロマテラピー検定1級2級範囲


原料植物名:レモン

科名:ミカン科

学名:Citrus limon

産地:アメリカ・アルゼンチン・イタリア・スペイン

抽出部位:果皮

抽出法:圧搾法

特徴成分:リモネン・シトラール・デカナール


《植物のストーリー》

インドヒマラヤ東部山麓、中国東南部からミャンマー北部の地域が原産。イタリアはじめヨーロッパへ伝わったのは十字軍の兵士が持ち帰った12世紀ごろ。

その後大航海時代では、船上で起こる壊血病の予防として重宝された。


《香りの特徴》

柑橘系の香りであるリモネンやシトラール、さらにデカナールという柑橘の皮のような香りが含まれている。もちろんベルガプテン含有のため、肌に使う際は光毒性に注意。集中力を高めたい、不安を和らげ明るくしてくれる香り。レモンの花から抽出できる精油をレモンネロリ、レモンの葉から抽出できる精油をレモンプチグレンと呼ぶ。


《利用法》

血圧高め:芳香浴(イランイラン・カモミール・ネロリ・ラベンダー・レモン)

ボディケア:むくみケア(希釈オイルで寝る前にセルフトリートメント)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示