Lemongrass

更新日:2月26日

AEAJアロマテラピー検定1級範囲

原料植物:レモングラス

学名:Cymbopogon flexuosus

(カンボジア、インド原産のイーストインディアン・レモングラス)

   Cymbopogon citratus

(スリランカ、マレーシア原産のウェストインディアン・レモングラス)

科名:イネ科

抽出部位:葉

抽出方法:水蒸気蒸留法

備考:妊娠中の使用は控える・皮膚刺激

Cymbopogon flexuosus(カンボジア、インド原産のイーストインディアン・レモングラス)はシトラールが多く含まれ、甘味の強い香りを持つ。一方、Cymbopogon citratus (スリランカ、マレーシア原産のウェストインディアン・レモングラス)にはミルセンが含まれシトラールの含有量が低く、土臭い香りを持ちます。

シトラールが約70%含有されるため抗ウイルス作用や虫除け作用が期待できます。日本でも育てやすいハーブの一つ。

甘いレモンシロップやレモンキャンディの香り。ほのかに青臭さも混じっている。香りを深呼吸すると奥にかすかなバナナ様の甘さがあります。リラックスするというよりも、強壮作用がるガツンと喝のある香り。


強壮、抗ウイルス、抗炎症、抗菌、抗真菌、血管拡張、虫除け、収斂、消火促進、鎮静、デオドラント


レモングラスの実験データはこちら

カンジダ菌の増殖を抑える精油

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示