精油プロフィール 〜真正ラベンダー〜

AEAJアロマテラピー検定1級2級範囲



原料植物名:真正ラベンダー

科名:シソ科

学名:Lavandula angustifolia

産地:フランス、ブルガリア

抽出部位:花

抽出法:蒸留法

特徴成分:リナロール・酢酸リナリル



《植物のストーリー》

学名のLavandula はラテン語のlavo(洗う)lividus(青みがかった鉛色)に由来するといわれている。古代ローマ人が入浴の際に使っていたという歴史がある。英国ではどの家庭の庭で見られるほど、ポピュラーな植物。軽い火傷や消毒など多岐にわたって利用されており、多くのハーバリストはラベンダーが最も有効に作用するハーブと位置付けている。


《香りの特徴》

ハーバル調のフレッシュで爽やかな香り。真正ラベンダーの他に、Lavandula latifolia (スパイクラベンダー)Lavandula hybrida(ラバンディン)もラベンダー属。ラバンディンは真正ラベンダーとスパイクラベンダーの交配種で、真正ラベンダーよりシャープで力強いグリーンな香り。


《利用法》

芳香浴:睡眠前〜睡眠中に使用すると質の良い眠りになる。

スキンケア:フローラルウォーターで化粧水・希釈オイルで保湿。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示